So-net無料ブログ作成
検索選択
演芸・お笑い ブログトップ
前の10件 | -

会場って大事です [演芸・お笑い]

快楽亭ブラック立てこもり三日間
(於:東中野 ポレポレ坐 2014年4月26日)

ここで落語会をするというのは初めてだと聞きました。

場所はとってもいいんですよ。建端は高いし、スクリーンはあるし、PAもいいし、ちょうどいい広さだし。実際にトークショーも行われているのでイベントスペースとしていい会場だと思います。

ただ、落語にはちょっと向いていないんじゃないでしょうか。
アタシは会場のうしろ側の席に腰掛けて落語を聞いていたんですが、途中から隣にあるカフェのお客様の声がかなり大きく聞こえて来て、落語を聞く事に集中できない状態になってしまったんです。しかも厨房の調理の音も時折聞こえて来たのでこれも耳にさわったんです。(調理の音は通常なら我慢できるレベルだったんですが、大きい声が続いていたんで調理音ですら我慢できなくなっていたんです)
かなりイラッとしたんですが、そのうちあきれて気が散ってしまいました。

実はブラック師匠はダイナミックレンジの広い話し方をします。これは亡くなった談志師匠も同じ。状況に応じ声の大きさを変化させて巧みに使い分けます。ですから雑音の入らない静かな会場の方がいいのです。

ちゃんとPAもされていて、明瞭度のいい高座だったとしても、隣から世間話のような笑い声が聞こえたらいい気はしません。ましてや演目が人情話だったらせっかくの高座が丸つぶれです。落語のお客様も醒めてしまうでしょう。

とはいえ、現実には雑音が飛び込んでくる寄席はあります。でもイラッとするような事は記憶にありません。そもそも人間の聴覚ははある程度の雑音の中でも目的の音を聞き出せる機能を持っているから、多少雑音が入っても大丈夫なんです。末広にしても広小路にしても、車の音が結構大きい音で聞こえてきても高座以外の「喋り声」は聞こえて来ません。ですから落語に集中できるんです。

しかし、今回は高座の声よりもカフェの音の方があまりにも大きすぎてしまったんです。本当に残念です。

落語会の時だけカフェ営業ををテラス側だけにするというわけにも行かないでしょう。カフェのお客様へのサービスが落ちてしまいますし。
隣の会話が聞こえて来るような環境のままだったら、ここで落語を聞きに行こうという気は起きません。残念ながら。小さくとも騒音に邪魔されず落語にどっぷりと浸かれる場所はたくさんあります。というか、ほとんどがそうなんです。

ここへは映画とトークイベントなら出かけようと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

頂上決戦の会 [演芸・お笑い]

どうしてこういう時にいろいろ用事が出てきて詰まってくるんだろうと苛立ちながら、仕事をやっつける。やっつけたせいでPCを1台電源オフにし忘れて、小部屋の施錠も忘れていった気がするが、多分気のせいだろう。気のせいだ。明日には何とかなる!!だろう、うん。仕事が若干残っていた気がするが知ったこっちゃない。最低限のメールは出したしね。とにかく急ぐ。

於 上野広小路亭。

ようやく到着するとチケット売り場にはにはブラック師匠、客席入り口には唐沢先生の姿が。入るとすでに左談次師匠が高座で(いつものように)本を投げていた。
鯉昇師匠。高座に上がっても戸惑ってる様子が分かる。確かに今日の会はどういう志向かよくわからない。結局、馬のす。
仲入りはいつもの物販コーナー。
続いて元気いいぞう歌謡ショウ。ボディラインがわかるセクシーなコスチュームでウクレレを弾きまくる。
唐沢先生は左談次師匠とネタがかぶったからとケータイ漫談に変更。
トリのブラック師匠はタイムリーな日本相撲一家。マクラで打ち上げは焼き肉があると言っていたので軽く巻きが入った進行なのは気のせいか?

途中から入ったのが残念ではありますが、バラエティにとんだ会なので思ったほど疲れずに聞く事が出来ました。
それにしてもブラック師匠と芸協ってとりあわせの意図がヨクワカラナイ。もしかしたら打ち上げの焼き肉を食べたかったっていうことなのかしらん。ふむ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

新宿クレイジーナイトファイナルでダブルサプライズ [演芸・お笑い]

新宿コマ劇場再開発のため閉鎖されるクラブハイツ最後の公演。ポスターにはスペシャルゲスト有りとあるので、いったい何が出るかわからない。
開始も18時からと早め。知人の用意してくれた電撃シートは客席のほぼ真ん中。結構いい位置。入ると前座が歌っていたが、この後のペースがなぜか早い。前座クラスではない人が続々舞台に上がってくる。例えばこの人まだクレイジーでは19時前に出る人じゃないよっていうのが出てくる。
やっぱり最後だからテンポと濃さが違うねーと感心していたら、南部さんが紹介した司会が、何と田代まさし。いきなりのサプライズに客席騒然。滑舌は今ひとつなものの、エスパー伊東に対するツッコミや、ラッツ&スターそっくりさんのコントでのボケは相変わらずで、南部さんも体で覚えてるんだねーと関心していました。(後でご本人のブログを見たら出演のことが書かれていました)
若手も客を充分沸かせていたし、エスパーは酔っぱらって呂律が回らなくなっているにもかかわらず相変わらずゴム手袋を破裂させているし、中村有志も原点回帰でパントマイムを演じていたし、レイパーはいつもよりもプリクラを多く撒いていたし、アントキの猪木はいつものネタを3つミックスさせているし、歌も飽きさせないものだったし、裸のお姉ちゃんは三人いたしサービス良かったし。チラチラ時計を見るがまだ20時!、まだ21時!と時間の進むのがなぜか遅い。やはり最後だから本当に濃密だねー。
そしてもう一つのサプライズは串田アキラ。最初はそっくりさん?と思ったら本物だったのでビックリ。ザブングルに始まり、ギャバン、富士サファリパーク(しかもフルコーラス)、ドラゴンボール、キン肉マン。最初は客も知らない曲に?だったが、若い世代(おそらく30歳前後)が大きく心動かされたようで、最後には盛り上がっておりました。まさかクレイジーのステージに出てくるとは思わないしね。この盛り上がりは、次のトリ前の葉月パルが軽くかすむほどでありました。
トリの電撃もサービス大盛り。火も使って水も使ってドライアイスも使って牛乳も使って、コーラも使って、もちろん睾丸も使う。あゝ・・・痛そう。

最後に新宿クレイジーナイト終了の画像と、東京クレイジーナイトの予告画面が出たが、会場などすべてが未定とのこと。これはシャレでもなく本当に未定なのだそうだ。

相変わらすハイテンションで芸の質も高く、久しぶりに大人のエンターテイメントを堪能した訳ですが、終了が何と22時55分。4時間55分休憩一切なしです。おかげで非常に疲れました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ブラック元気でからさわぎ [演芸・お笑い]

朝は何とか起きることができた。喉がやや荒れているがまぁ大丈夫でしょう。出勤時間より早めに家を出て9時17分品川発ののぞみに乗る。週末に思いつき三連休だから出来るこの愚考。名古屋は去年の秋以来久しぶり。のぞみに乗って気がついた。N700系は自由席でもAC100Vのコンセントがあったのだ。ノートPCのACアダプタを持ってこなかったことに軽く後悔。

名古屋に着き、地下鉄の丸ノ内駅で下車。用足しの後、猫喫茶に行く。11時半過ぎに入りコーヒーとホットケーキと猫で軽くなごむ。休日らしく続々と客が来る。店にはいるときは雪がちらついてきたが猫にさわる頃には太陽がまぶしく覗いていた。ここの猫はいつでも元気がいいが太陽の当たるところにいるヤツは横になって延びている。もちろん寝ている。

地下鉄の時間も見積もって楽に移動。ところが13時過ぎに着いてしまった。少し早すぎた。当日券を購入して整理券を貰って一旦外に出る。せっかくだからと回りをしばらく歩くことに。一昨日といい今日といい、やたら風が強い。風がなければいい散歩日和なのだが。ここは東京でいうとどういう所なのだろうなどと想像しながら歩く。遠くに高層ビルが見える。うーん月島か、いや、ちょっと違うか。
時間が来たので楽に戻って整理券を渡して靴を脱いだら後ろから声が。ブラック師匠だった。もう見つかってしまった。客席の隅でじっとしていたかったのに。予想はもろくも崩れてしまった。
出囃子のあと、三人が出てきてトーク。あれこれと30分ほど。それにしてもこのキャスティングはありそうでなかったのかも知れない。実は豪華なのだ。

唐沢俊一:おかふい
元気いいぞう;歌謡ショウ
ブラック:英国密航

意外なことに元気さんは楽の高座は初めてらしい。でも歌謡ショウは無事名古屋の人に受け入れて貰ったみたい。「みんなー、元気、いいぞういいぞう」をお客さんもちゃんとやってくれたし。とても素晴らしい。
ブラック師匠はお客様からのリクエストとのこと。
客席を見ると社長とQさんも来ていたのであとでご挨拶。

それにしてもこの店が来月でなくなるというのは本当に残念でならない。今日を入れてまだ2回しか行った事がないのに。
来月はブラック毒演会。最後を飾るのに相応しいキャスティング。さすが楽。師匠は文芸坐の最後を飾ったことがあるので、ある意味相応しいのかも知れない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

快楽亭ブラック毒演会(08年11月) [演芸・お笑い]

久しぶりに開演5分前に入る事が出来ました。今日はDVD収録のようで、カメラが2台。高座の真ん前と上手側通路の2台。パナのDVカメラが鎮座しておりました。

高座にはソニーのC-38Bが。ここってこのマイクあったかなぁなどと思ってよく見たら、マイクの向きがあり得ないことになっている。マイクの正面がお客さん側に向いているのだ。そしてご丁寧に師匠の口の方向にはマイクの天井が向けてあった。ちなみに写真矢印がマイクの天井です。
C-38B_marking.jpg
多分セッティングした人は、このマイクを棒状のマイクと勘違いして設置したんじゃないでしょうか。残念ながら38Bは赤い丸の部分にマイクロホンエレメントがあり、この部分が正面なんです。このマイクを使う場合はこの赤い丸の所に音が来るようにセッティングします。
間違えたセッティングでも多分音は録れているのでしょうが、指向性の軸が外れているので、声が小さくなると明瞭度が今ひとつとなって聞こえにくくなるかもしれません。音軸が外れると高域から落ちていきますから。ただし指向性の軸から90度ずれているので全く聞こえないという事はありませんが。

テレビでもレコーディングでもこういうセッティングをするとチーフに間違いなく怒られます。場合によっては一発なぐられます。その位このマイクのセッティングは基本的な事柄です。言い過ぎかもしれませんが素人がマイクを置いたと言われてもおかしくはありません。

単なるライブなら声さえ届けばいいのでマイクの向きがどうなろうとかまわないのですが、収録の場合は話が違ってきます。ソフトの質に跳ね返ってきます。CD収録に使っているサスペンション付きのマイクではないと言う事は安達先生は来ていないのかな。だとしたらDVD収録のスタッフかな。はて?。

(前座は無し)
盃の殿様
全女番
<仲入り>
紀州飛脚
文七ぶっとい

女子プロレスなんて、全女なんて、ミスター・ブッダマンやリトル・フランキーなんて、今の20歳台の若い人は知ってるのかしらん。そしてこの噺は湯屋番のパロディだって事はご存知なんでしょうか。そういえば昔の毒演会でミスターブッダマンが座布団返しで出てきて客席大受けって事があったなぁ。今は全女そのものがなくなってしまったのでこんな事は年寄りのつぶやきか。

仲入りで後ろから若い声が聞こえるので後ろを向くと謹慎一時解除のブラ淋くんがCDを売っていた。以前見たのが大阪のトリイホールだったのでものすごい久しぶり。4ヶ月の猶予でどこまで挽回できるか。相変わらず師匠からは「あなた、誰?」や「一般の方」などと名前を呼んでもらない状態ではありますが。
ちなみに仲入りの高座では談之助師匠が同人誌を売っていた。師匠、いつの間に。

木馬を出る頃には予報より早く雨が降ってきた。傘を持ってこなかったので横の店でビニール傘を買う。途中雨が上がったが、打ち上げ後再び雨が強くなる。そのまま直帰する途中で呑み直しに焼き鳥屋へ。豚バラは脂が多く旨いのだが脂の量が多すぎるよ。これでまた不健康だ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

新宿クレイジーナイト22 [演芸・お笑い]

於:新宿歌舞伎町クラブハイツ

今回で22回。今回は前座にバンドが一組。始まる前のひととき、一緒に来た人たちと酒でも飲んで会話の一つもしたい所。ところがバンドのPAが大きすぎて(バンドだから仕方ないが)会話が全く出来ない。そのせいもあって始まる前から個人的にイライラ。バンドに罪は無いとは思うが、だったらいっそストリップの幕間コントみたいな静かなものをやってくれ。PAって、時には暴力にもなるんだから。おかげでバンドの名前も覚えてない。曲はオッペケペ節ってんだっけ?

さて、今回はいろいろな意味で難しいなぁと思う回でした。
アタシ自身は前半はそれほどでもなく、ようやく後半になってテンションが上がったかな。よかった電撃がトリで。と言った感じで、全体的に客が暖まってないように見えたのは気のせいでしょうか。
どしてかな?と考えるに、ここの舞台であるにも関わらず、テレビで見れる程度の芸をやっている事かもしれません。前々回で南部さんが本番中受けない芸人に対して切れていましたが、あれは全くもって正しいです。ここは歌舞伎町です。中野の小さいホールじゃないんです。テレビでは20%も実力を見せられない芸人が集まるライブなのです。一定の水準を舞台の上でクリアできない芸人は下ろされても仕方がありません。前回のハイテンションは偶然だったのでしょうか。

だからこそ今回の中村有志の金粉ショーは最高でした。体張ってました。もうそんなことやらなくてもいい歳なのに、思い切りがいいんです。こういう事をする芸人さんに拍手を送りたいんです。凄い凄いと言いたいんです。
物真似もいいんです。確かに面白い物真似もありました。でもここでしか出来ないネタに踏み込んで下さい。民放の深夜にオンエアできそうなネタは、そこで見ればいいんです。

ほか気に入ったものを。えーっと、佐々木孫悟空は大半が引いてたけど、アタシ的には大好き。女王様はいろいろ(演者が肉体的に)痛かったけど、これもいい「ショウ」でした。ちなみにアントキの猪木も面白かったです。

ひとつ気になったのは新しい客が多かった事。恐らくその人たちがいろんな意味で今回の客席を引っ張って行ったのでしょう。いいか悪いかアタシにはわかりません。もしかしたら南部さんも客質の変化にどう対応していいのか迷っているのかもしれません。

次回は11月。あれこれ言ってもやっぱり電撃と南部さんが好きなんですね。だから秘密倶楽部の様な空気を吸いに、次回も行ってみようと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

温故知新の会 [演芸・お笑い]

於:なかの芸能小劇場。18時半開演
満席の入り。

こはる:子ほめ
キウイ:強情灸
こしら:時そば
談笑:巌流島
仲入り
前田隣:漫談
談之助:安部晋三物語
トーク:(上手より、談之助、唐沢俊一、前田麟、談笑)

キウイが7月1日に二つ目に昇進してから初めての高座。出てきただけで大いに盛り上がる。マクラを少し喋っただけですでに頭の中が真っ白だそうだ。しかも先月のトンデモ落語の会で言っていたが、着物も手拭いもまだ"出来ていないまま"だった。その証拠に前座のままの着物で(鉄の錆びた様な色。小豆色などとは敢えて言わないでおこう)、しかも袴は談笑師匠から借りたものとかで長すぎてブカブカ。全く用意ができてないという状態。噺は左談次師匠につけてもらったという強情灸。ところが噺に入り、一回上下を切ったところで緊張しすぎて暑いからといって急に立ち上がって袴を脱いでしまった。ちなみに舞台下手の袖には手に持ったスリッパを今にも投げんとしていた左談次師匠がいたという。今日の出演はないのだがどことなく師弟愛を感じるいい話だ(笑)。
噺が終わり立ち上がった刹那、なんと自分が座っていた座布団を裏返してしまった(座布団を返すのは前座の仕事)。客席大ウケ。最長前座記録を持つと癖は簡単に抜けないことを図らずも見せ付けてくれた瞬間でありました。

こしらは恥ずかしながら始めて見た。いいですね。そば屋への「おめぇは突っ込みも遅いのか!」は思わず笑ってしまった。

前田隣先生は立って漫談なのでスタンドマイクを前座のこはるが持ってきた。が、マイクの向きを前後ろ逆にセットしてしまった。正しくは本体からケーブルが出ている方をお客さん側に向けなければならないのに、演者側に向けてしまった。このマイクはソニーのC-38Bといって、テレビではもちろん、末広亭や鈴本の高座でもでも使っているくらい、業界では有名なマイクなのだが、残念ながら彼女にはその使い方がわからなかったようです。前田先生、後前になったマイクを自分で直しながらほとんど放送禁止の漫談。省略させていただきます。でもおしゃれで背筋がピンとしていて、癌と戦ってきた事を思わせない位だ。

最後のトークは昔の芸人さんから昔の話を生で聞こうというような主旨で、前田先生がナンセンストリオ結成までの昔話が長いこと長いこと。そしてやっぱり放送禁止で面白かったんだよなぁ。
終わったのが21時半前。長かった。

ブラック師匠がいないとこんな感じになるんだなと吉川潮を恨みつつ、パワーのあるトンデモを演ってくれる若手が出てきてくれることを切に願います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

日本トンデモ本大賞2007~末広深夜寄席 [演芸・お笑い]

於:イイノホール。
このホールは今年の秋に閉館するらしくここでの開催は一回きり。二階席がなくどの席もフラットに舞台を見ることができるいいホールなのだが、客席に傾斜をもたせているため残念ながら階段が多くバリアフリーではない。この辺りが閉館の理由なのかな。落語や試写会などによく使われるので音響もよいホールなのだが実に勿体無い。ともかく来年は池袋が会場なのだそうだ。
前の日にイイノホールのWebページを見ると図面から価格までが掲載されているのでじっくり読んでいたら、ホール使用条件に"思想的な集会、ひわいなイベントはお断りさせていただきます"とある。開田あや先生のいつものフレーズ「おまんまとおまんこには手を抜くな」にホール担当者は怒らなかったのか。また、プロジェクタに写る資料にツッコミを入れている様子に客席がバカ受けしている状況をこれまたホール担当者は呆れなかったのか。MOSAIC.WAVの曲が流れ、スクリーンに大写しにされる歌詞に客席がまたもやバカ受けしている様子に再度呆れはしなかったのか。生演奏のクラシック(ただし、某秋葉原で有名なパソコン店の曲やスポ根アニメのテーマや駅の発車メロディが時折聞こえてくるのだが)にバカ受けしている客席にこれまたホール関係者は呆れなかったのか。
休憩時間はロビーがミニコミケ状態で大騒ぎ。今回のゲストでもある杉ちゃん&鉄平のCDにサインをしてもらう。
終演は5時。長かった。

疲れた体を引きずって18時過ぎに行き付けの床屋に入る。
そのまま家に帰るのも勿体無く思い、迷った挙げ句末広の深夜寄席に行こうと決め、紀伊國屋書店でブラックCD第8集と東京かわら版購入などして時間をつぶす。

ところが紀伊國屋で時間をつぶしているうちに雨が本降りになってきた。9時前に着くとすでに客が並んでいる。このブームはまだ続いているんだねぇと関心。座席も桟敷も丁度良くほぼ満席状態で幕が開く。初花がマクラで、ここに入るのははじめての人はと聞くと2,30人が手を挙げる。タイガー&ドラゴンのブームが過ぎてもこうやって落語ビギナーが来てくれるのだ。

初花:青菜
弥助:夏泥
風車:死神
三木男:湯屋番

協会だねぇと思うセレクトでほどほどてなところ。四人に共通して気になったのは上下の付け方が怪しかったり物語中のキャラクターが分かりにくかったり。こちらは筋を知っているから良いのだがはじめて聞いた人は無事に付いてこれたでしょうか。芝居と声色のバランスを巧くやらないと筋についていけなくなる。それでも弥助はいいなって思ったけど。

それにしても深夜寄席で死神を聞くとは思わなかった。ただはじめて聞く人は端折り過ぎて分かりにくかっただろう。誰に稽古をつけてもらったかわからないが話につじつまが会わないところがあったりするのが気になったり。

ただなぁ、本寸法の噺はもっと巧くないといけないんじゃないのかしらん。二つ目になったばかりなら良いのだが、それなりに大きな噺をかけるならそれなりのスキルを持ったうえで高座に上がってね。

帰る時出口で、今日の出演者と題目が書かれた白板を目にした。自分も落語を聞き初めた頃に「この噺何て題名なんだろう」って思ったことがある。後で落語手帖(矢野誠一著)をめくったりしてずいぶん勉強になったがこの本も今は絶版だ。もしかしたら噺の題名がわからないというクレームがそれなりにあったのかもしれない。でもいいことだね。と、ちょっぴり嬉しくなりながら地下鉄の駅に向かった。それにしても疲れた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

日本トンデモ本大賞前夜祭 [演芸・お笑い]

於:上野広小路亭

18時半の開口一番から見たかったのだが、そこは悲しきサラリーマン。月末の週末なのでこんなときに早退はできず、なかなか捕まらないタクシーに乗ってようやく7時半に現場到着。入り口で鯉朝師匠が受付のバラシを始めかけていたのであわてて入れるか聞く。前売り料金で入れてもらえた。これから談笑~唐沢~談之助といい所ですからと教えていただく。
客席の入りは思ったより少ない。6割程度か。いつものトンデモなら満席に補助席も出る事が恒例だったのだが。今年はロフトプラスワンで先月際があったためか(こちらの客の入りは知らない)、談之助師匠がマクラで振ったように両国で猪木のイベントがあったからなのか(落語マニアとプロレスマニアはリンクしてるからねぇ)。トンデモ系のイベントは談之助師匠がよく言う「客は用意したハコ(劇場)のキャパに丁度いい位に入る」とは明らかに違っていた。去年の前夜祭は大入り満員だったんだけどな。いつものトンデモと違うのは黒師匠や果実師匠が出なかったことか。おそらく談之助師匠の事だから今回の原因をリサーチして対策を練ると思うのだ。

談笑:道具屋
唐沢俊一:紙芝居 モンスター(この日がネタ下ろしだそうで)
談之助:赤尾敏物語

ちなみに鯉朝師匠はどうぶつえんらくを演ったと終演後聞いた。
ただ、どういうわけかえらいテンションが高く面白かったそうで。たしかに談笑師匠の道具屋はただの道具屋じゃなかったし。
それを思うと悔しいねぇ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

第47回トンデモ落語の会 [演芸・お笑い]

於:浅草木馬亭
先月にあった鬼畜大変態の開始直前に"今日の前座は例の二つ目昇進騒動のため逃げたので代演が前座を勉めます"とアナウンスされた果実師匠。実はこの日は逃げたのではなくて、MXの家元の番組で前座大喜利に出演するために浅草を休んだという。その結果はすごいものになっていたそうですが(残念ながらオンエアは見逃した)。
その果実師匠は7月1日をもって二つ目昇進だそうです。今日が最後の前座仕事らしく、(家元の気が変わらなければ)ここが見納めといったところでしょうか。

キウイ
鯉朝
新潟
ブラック
<仲入り>ブラックCDの物販あり
談笑
談之助

客席は大入り満員。パイプ椅子が出されていた。
ふと振り返るとあの唐沢先生が座っていた。最近トンデモで見掛けることは少なくなっていたきがするので珍しい。今日はこのあと22時半から新文芸坐でオールナイトのイベントがあるのでその関係でしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
前の10件 | - 演芸・お笑い ブログトップ
あ、ここはワタクシzenの個人的なblogで、書いている内容などは所属している団体とは何ら関係ございません。今の時代いろいろありますもんで、一応。ブログを作る(無料) powered by So-netブログ